スツールの座面張り替え

椅子の張り替えはどうすればいいの?

By makoba, 2015年2月26日

椅子の張り替えはどうすればいいの?

長年愛用してきた、椅子。
お気に入りなのに座るところ
座面のフカフカ感が無くなって来た。。

そんな、椅子でもすぐに
捨てたり、買い替えたりしないで下さい。

特にお気に入りの物であれば
リメークして、長く使ってあげましょう。

何から始める?

まずは、道具と材料を準備しましょう!

材料

新しいウレタン
これは、座面に使うスポンジです。
お気に入りの布(座面用)

工具

マイナスドライバー
マジック
カッター
ハサミ
タッカー(ホッチキスですね。。)
タッカー

いよいよ作業開始!

座面を外す

お気に入りの椅子をひっくり返します。

椅子と座面が取り外せるようなタイプは
+か-のドライバーで外して下さい。

この時、垂直にネジの頭にドライバーを
刺して回して下さいね。
ネジの頭をナメてしまったら、ネジが
取れなくtなって、面倒ですので。

古い座面のウレタンを外す

外した座面の裏面に『でかいホッチキス』の針で、布が取り付けてありますので
このでかいホッチキスを、マイナスドライバーで外していきましょう。

作業中は、くれぐれも気を付けて下さい。
勢い余って、マイナスドライバーを持っていない方の手を
突いたりしないように!

必ずDIY用の作業手袋か軍手をして、やって下さいね。

座面のウレタンパッドの切り出し

新しいウレタンパッドを座面の大きさに合わせて切り出します。

座面のウレタン

このウレタン。
いらなくなった、ソファーやソファーベットなんかがあったら
その、中身がまさにウレタンです!

その場合は、結構分厚い塊なので
切り出すのが大変ですが、家じゅうの椅子が
フカフカに再生しますよ(笑)

座面の張り替え

座面の板に、ウレタンを乗せ
新しい布をかぶせて、裏面から
タッカーで留めていきます。

タッカーで布留め

こんな感じ。
裏から見たスツール

ちと、汚いですがその辺は参考にしないで下さい。。

でも、味気ないスツールがこんなに素敵な感じになります!
DIY スツール

裏面見なきゃわかりません(笑)

張り替えという事だったのですが
よく、ホームセンターなどで売っている

座面にウレタンも何も張って無い、板のスツールも

スツール

座ってるとお尻が痛くなってしまうので
ウレタンとお気に入りの布で、フカフカ座面を付けてやりましょう。

実は、上で載せている画像のスツールが
張り替えとして、載せましたがウレタンの無い

尻痛スツールを、フカフカスツールにした物です。

結構簡単に出来ますので、ぜひあなたもやってみて下さい。

そうすれば、なんか気に入らない柄だけど
椅子の形は好きなんだけど。
しかも、安いからな~。。

なんて、椅子が有れば、即買いして下さい!
安いにこした事は有りません。

帰ってから、自分でお気に入りの椅子にしてしまえば良いので!

自分で出来るって事は、節約にもなります。

デザインが素敵な物って、やはりそれなりに高価だったりします。
少しぐらい、気に入らなくても安いならそれを買って

DIYして、世界でひとつしかない、最高に素敵なアイテムへ変身させちゃいましょう。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です